Adore la vieは、人材育成に関するコンサルティングや研修をご提供しています。

ここでは、最もニーズの高い管理職コミュニケーショントレーニングプログラム、
メンター制度支援 プログラム、女性活躍促進プログラム、ダイバーシティ推進支援プログラムをご紹介します。
上記テーマ以外でも、貴社の課題解決に向けて、最適なプログラムを設計します。
まずはご相談下さい。

 

◆ 導入事例

 
 

◆ こんな状態を実現したい!

  • 部門を越えて協力し合う組織にしたい
  • 部門間の対立やミスコミュニケーションを改善したい
  • 全組織的な視点を持つ社員を育成したい
  • 多様な人材に対応できるようにマネジャーの力をつけたい
  • 異なる価値観を持つ社員の強みを活かしあう組織にしたい
 

◆ ダイバーシティを実現するためのポイント

◆ プログラム受講者の声
  • 自分がうまく対処できない人たちにうまく対処できる人がいることで組織は保たれていると気付いた。感謝すべきとも思う。
  • 仕事、プライベートを通し、人とふれあうことで自分が成長させてもらっていることがよくわかった。
  • 部下や上司・得意先とのコミュニケーションや指導・交渉面で役に立つ。
  • 評価の観点が変わった。仲の悪いメンバーの関係修復の可能性がアップした。
  • グループワークの中で、メンバーのタイプがバラバラの状態であったが、相手を理解するという点に気をつけて進めると話が通じ合っていた。今後の仕事でのミーティングにも活かせると感じた。
  • タイプの違う人が集まることで多様性が生まれる気がした。自分が当たり前と思っていることは当たり前ではないことを再認識できた。
  • 異なる性格タイプの人との接し方が理解できた。相手の業務の進め方が異なるのはタイプが異なるからで、悪気があって行っているのではないことが理解できた。
  • 性格タイプが違えば言語も違うという話には、自分以外の色々な人達と理解し合う事の奥の深さを感じました。
  • 問題をチャンスと思っていろいろな性格タイプの言葉を使っていけばよいと理解できたこと。
  • 意識せずに発している言葉で相手を喜ばせたり、傷つけたりしていることがある。気をつけてコメントしていきたい。
  • 自分の性格タイプを知り、当然他人は自分と異なるタイプであることが理解できたことで自分の尺度のあてはめ方に注意を払うという点で役に立つと感じました。
  • 自分のイライラを軽減できる。自分とは異なる性格タイプの人を色眼鏡なしで評価する意識を持てた。

 

Comments are closed.

Set your Twitter account name in your settings to use the TwitterBar Section.