多様性を活かすリーダー育成

 

アズビル株式会社
人事部 国際グループマネージャー
加藤稔様

 

女性活躍の場を広げるために
今回の研修は、ダイバーシティの観点から、
女性活躍推進の取り組みのひとつとして行いました。
当社はメーカーなので、職種の制約などからどうしても女性の課長職比率が低く、
女性が補助業務的な立場に留まるという傾向がありました。
しかし、女性の感性や女性特有の仕事の進め方を取り入れていかなければ、
これからのグローバルな企業競争に太刀打ちできないのではないかという
危機感を強く持っていました。
そのため既に課長職、課長代理職に就いている人たちにまず核になってもらいたいと
いうのが今回の狙いでした。今後、社内の女性スタッフのモデルとなるような集団を作りたいと考えたのです。
また、会社が彼女たちに期待をしているということを、本人たちに自覚してもらいたいというねらいもありました。

参加者の内面を引き出す(株)Adore la vieの研修
今回、研修を受ける女性たちが共感できるという観点から(株)Adore la vieにお願いしました。
同じ女性として、熱意を持って彼女たちに接することができるかどうか、また、それによって
彼女たちの思いやポテンシャルを引き出すことが できるかどうかがポイントです。上からの立場で
指導する講師では彼女たちは心を開きません。その点で吉武さんが講師として最適だと判断しました。
実際に、彼女たちは心を開いて深く自 分を見つめることができたようです。また、研修後しばらく
経って企画された女性課長職の親睦会に、吉武さんを誘ってもよいかという彼女たちからの確認が
ありましたが、今までの外部に依頼した研修ではそのようなことは一度もありませんでした。
更に、リーダーシップ、コミュニケーション、MBTI(性格検査)などを取り入れた全体のカリキュラムは
本当にうまく構成されています。今回の研修には、 合計3日間をかけましたが、それだけの時間をかけた
価値がありました。

研修参加者の気づきと社内の変化
研修後の上司からの評価も上々です。研修前よりも、全体をよく把握してから自分の意見を
言うようになった というレポートもあります。また、今まで女性課長職・課長代理職は、
お互いをよく知らなかったので、それぞれ孤立感がありました。研修でお互いのことを知り、
その後のネットワークを通じて相談できる仲間ができたことが彼女たちにとって一番の収穫だったと
思います。自分自 身を見つめ、同じ立場の女性たちと意見を交わすうちに、自分は今後どのように
仕事をしていきたいのかに気づいた人たちもいました。会社としては、女性の活躍を推進するための
良いスタートが切れました。今までのように、何人女性管理職が必要、という発想ではだめです。
今回の研修では、実際に女性が活躍できる場ができているかどうかを検証することができ、
女性スタッフのロールモデルを作っていくきっかけとなりました。

真のダイバーシティマネジメントを目指して
今後は、女性課長を生み出せる上司を増やすための意識改革を行っていきたいです。
同性ということで扱いやすく、ハードワークを依頼しやすい男性スタッフばかりを引き上げる上司は、責務を怠っていると自覚してほしいと思います。会社が意 図的に、女性課長職・課長代理職を多く配置することは簡単です。しかし現場の意識が変わらなければ、本当の意味での女性課長は育ちません。地道な活動です が、私たちは「上司の意識が変わらないとこれからの職場は成り立たないですよ」というメッセージを送り続けるつもりです。

アズビル株式会社、受講者の声へ